お洒落なインテリア

震災に遭った時のマンスリーマンションの利用法

リビング

熊本地震に遭った私は自宅が斜めに傾いたので、住む場所を求める為に近隣の県のマンスリーマンションを探して、熊本地震が落ち着くまで利用しました。震度7の震災に遭遇した場合、マンションは安全の為に閉鎖される事が基本で、素早く震災の影響の少ない物件を探す事に力を入れました。福岡や長崎などの地震の影響が無い近隣の県は予約が殺到する事を考慮して、すぐに住む場所の手配を行う行動を徹底する事が大切です。
直下型の本震が起こった地域では、家屋の倒壊などで住めなくなったら立ち入りが規制されるので、少々離れたマンスリーマンションを利用する事も良いです。一時的な避難の考えで利用する事で、衛生などの問題も考えないで済みます。離れた土地であっても、本当の住まいが確保できるまで安心して住む場所を探す事が大切で、迅速な行動で一時的に安心した住まいが得られます。震災が起こった所は、一時的に仕事が出来ない状況に陥る事が考えられるので、私は稼動の状況を事業所と相談しながら仮住まいを決めました。倒壊などの被害を受けた私は、マンスリーマンションを契約する時に被災の状況を相談して、状況の甚大さをスタッフの方が理解してくれて、表示している利用の価格から割り引いてくれた事が良かったです。